思春期の身体のいろいろなトラブル

私は昔から、肌荒れと生理痛について悩んでいます。
中学校の頃くらいからおでこにニキビができ始めました。最初は気にならないくらい小さく、量も少なかったしおでこにできたものなので前髪を下せば気にならず、何より周りにも思春期ニキビが沢山出来てる子が多かったので「こんなものかな」と思って市販のニキビ対策の薬をつけて対応していました。

高校生になるとだんだんニキビの位置が下がってきて、おでこにたくさんあったニキビが頬や鼻の下など、隠しようがないところに出てきてから常に気になるようになっていました。うちの高校は校則が厳しめで化粧をすることもできずに赤くなったニキビや、白く大きいニキビが恥ずかしいし痛いしですごく嫌で一時期はずっとマスクをして学校に行っていました。でも、常にマスクをし続けるわけにもいかずはずさなきゃいけない時に大きいニキビがあったりするとみんなに見られるのが嫌でつぶしたりしたこともあります。高校生のころはニキビを治そうと必死で、ニキビを治すのに有効な栄養素を調べて食事に気を使ったり、通販サイトで有名なニキビケア化粧水を調べて使ったり友人にどれが聞くかを聞いたりなどどうにかしてニキビをなくそうと努力をしましたが、結局全然改善されることはなかったです。

大学になってからも変わらず、さらに高校時代につぶしてしまったニキビ跡が残ってしまい、頬は常に赤い状態でした。大学生になり化粧で隠せるかとも思ったのですが、普通のファンデーションだと刺激が強いのか逆に荒れたり赤みが強すぎて完全に隠すのが難しかったので最終手段とおもっていた皮膚科に行って専用の薬を出してもらうことにしました。
私が行った皮膚科の先生はとても親切に親身に相談に乗ってくれて、ニキビ自体の数を減らすことはできましたが、ニキビ跡を完全に消すのは時間がかかるし難しいといわれてしまいました。今は皮膚科に行かず市販の薬用化粧水だけで対応しています。今でも生活習慣が乱れたりすると大きなニキビができたりしますが、なんとかファンデーションで隠せる範囲まで小さくなりました。

生理痛について産婦人科で相談すると、布ナプキンをすすめられました。
布ナプキンを使いだすと、気になっていた独特な臭いもなくなったし生理痛も軽減されました。どうやら、紙ナプキンに含まれる石油素材が生理痛を引き起こす原因だったようです。
洗い方もおもっていたより簡単ですよ。

思春期には身体のいろいろなトラブルはありますが、ひとつひとつ改善していきたいものですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>